大井競馬予想6/9(南関)

最新の記事


⬇ 本日の私の推奨レースは以下の通りです!
大井7R

6/8三連単の買い目結果(大井競馬)


的中 02R 5.770円
的中 03R 8.380円
的中 05R48.430円
的中 06R10.020円
的中 07R37.370円
的中 11R98.290円
 有料版はこちら

大井1R 3歳305万

ダ1,600m(内)(14頭) 発走時刻 14:40

【伏兵馬の台頭も】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ①④⑬
好位 ③⑦⑨⑩⑪⑭
中団 ②⑤⑥⑫
後方 ⑧
ヨウコウザクラ
ノブナガ


私の見解赤字は私の推奨馬)
高い推進力を生かした走りで前走圧勝を挙げたミズイロキキョウに注目。距離延長に関しては血統面の裏付けがあり、森騎手が継続騎乗というのも魅力。
⑬ヨウコウザクラは距離変わりをした前走で走りが一変、渋太く抵抗して逃げ切った。放牧明けでも抜群の追い切りを消化して仕上がり上々で勝ち負け。
持ち時計比較最上位のバラクは発馬が改善しつつあり警戒、久々かつ転厩初戦となるが④ノブナガは休養直前に8馬身差圧勝を挙げており軽視不可。


買い目
⑦ー②④⑥⑪⑬
⑬ー②④⑥⑦⑪


大井2R 3歳305万

ダ1,200m(外)(12頭) 発走時刻 15:10

【混戦模様】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑧
好位 ②⑥⑦
中団 ①④⑨⑩⑪⑫
後方 ③⑤
ケングロリアス


私の見解赤字は私の推奨馬)
スタート難を抱えるカイジンウェーヴだが、ここに入れば持ち時計最上位。3走連続で堅実な走りをしており、御神本騎手の騎乗2度目で前進に期待。
⑧ケングロリアスは7か月半の休養明けになるが、素軽さがあり力を出せる仕上がり。新馬戦では5馬身差の圧勝を上げており素質は高く好走可能。
ファイトイトは末脚にキレが増してきており、々に地力を強化、休養で立て直してきたフィシェは昨年この条件で勝ち鞍があり注意。


買い目
⑧ー①④⑦⑨⑪
⑪ー①④⑦⑧⑨


大井3R C2(八)(九)

ダ1,600m(内)(12頭) 発走時刻 15:40

【伏兵馬の台頭も】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ①⑨
好位 ②⑧⑩
中団 ③④⑥⑪⑫
後方 ⑤⑦
ロイヤルアフィア


私の見解赤字は私の推奨馬)
①ロイヤルアフィアは一連の好調をキープ。毎回勝ち馬と差のない競馬を演じており、森騎手騎乗で最内枠なら勝機とみて期待。
転入戦から3着と馬券に絡んだデンカビト。1度叩いたことで馬体の張りが増して状態上向き粘り強化が見込め上位争いになる。
前走で連対確保と1戦毎に復調が進むナムラシンゲキ、毎回大崩れせずに堅実なボウイッシュは流れひとつで圏内。


買い目
①ー②⑥⑨⑩⑫
②ー①⑥⑨⑩⑫


大井4R C2(八)(九)

ダ1,200m(外)(14頭) 発走時刻 16:10

【ほぼ順当】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②④
好位 ①③⑬
中団 ⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫
後方 ⑥⑭
シオラパルク


私の見解赤字は私の推奨馬)
⑬シオラパルクの前走時計は同日開催のC1クラスでも勝ち負け。ここにきて軌道に乗った雰囲気が漂い中心に推す。
ヤマノシャチーは同レースで0秒2差3着と、やはりこちらも注目が必要。町田騎手と手を組んだ際には2度連対歴があり上位の扱い。
好調かつ地力上位のウズメヒメは笹川騎手とのコンビなら展開ひとつで浮上、3戦連続で掲示板を確保したジェイケイワールドは的場文騎手に乗り替わり前進を図る。


買い目
②ー①⑥⑩⑪⑬
⑬ー①②⑥⑩⑪


大井5R C2(六)(七)

ダ1,600m(内)(12頭) 発走時刻 16:45

【上位拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ①⑩
好位 ⑦⑨⑪
中団 ②③④⑤⑥⑧
後方 ⑫
バイーア


私の見解赤字は私の推奨馬)
出遅れを巻き返し連対を確保したジョンドゥは休養明けから地力の高さを証明した格好。1度叩いた良化が見込め実績的にも好勝負になる。
条件緩和に加えて得意の1600メートルとなる①バイーア。稽古でもひと脚使っており先手を奪い最後まで抵抗する。
復調確かなパワポケチャラットも条件緩和で好走可能、ジュンヴァドスは久々を叩いて素軽さアップしており注意が必要。


買い目
①ー③④⑥⑦⑧
③ー①④⑥⑦⑧


大井6R C2(六)(七)

ダ1,200m(外)(14頭) 発走時刻 17:15

【伏兵馬の台頭も】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ③④⑥⑪
好位 ①②⑤⑨
中団 ⑦⑫⑬⑭
後方 ⑧⑩
ブルーリヴァー
エドノテーラー


私の見解赤字は私の推奨馬)
鉄砲駆けの実績があり、十分に乗り込んできた⑤ブルーリヴァー。条件や相手構成から地力上位と判断しいきなり首位争い可能。
デロリスも鉄砲歴があり、同じく休養明けだがいきなり注意したい存在。南関東2戦を共に連対で終えており条件的にも圏内。
ナンシーファミリーはここにきて調子を上げている、久々を2戦消化した②エドノテーラーも発馬を決めて浮上の可能性。


買い目
⑤ー②④⑥⑪⑫
⑥ー②④⑤⑪⑫


大井7R 浅草賞 B3(五)

ダ1,000m(外)(7頭) 発走時刻 17:45


私の買い目を無料で受け取る


大井8R C1(六)(七)

ダ1,600m(内)(13頭) 発走時刻 18:20

【上位拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②
好位 ③⑥⑦⑬
中団 ①④⑤⑨⑪⑫
後方 ⑧⑩
キタノユニヴァース


私の見解赤字は私の推奨馬)
終始厳しいマークに遭った前走で連勝が止まってしまった②キタノユニヴァース。しかし稽古では好時計をマークしており調子落ちは窺えず見直しは当然。
ケンジンは脚に鋭さが戻ってきており、動きも力強く調子は確実に上昇。続けて同条件ならパフォーマンスの向上に期待できここは勝ち負けまで。
モズフォーナインは気難しいが気配良好でまず大崩れは考えにくい、シャープスティーンはスムーズに運んで圏内争いに。


買い目
②ー④⑦⑨⑪⑬
⑨ー②④⑦⑪⑬


大井9R すぱっと!POG!賞 C1(六)(七)

ダ1,200m(外)(15頭) 発走時刻 18:55

【波乱要素あり】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ④⑩⑪
好位 ①③⑤⑦⑨⑫⑬
中団 ⑭⑮
後方 ②⑥⑧
ウインコンツェルト


私の見解赤字は私の推奨馬)
前走の⑪ウインコンツェルトはクビ差で逃げ切り、勝負強さを改めて誇示した形。更に気配は濃くなっており、相性の良い笹川騎手となら連勝まで。
落ち着いて一旦抜け出し、勝ち馬と0秒1差の勝負を繰り広げたボーンブレジーヌには高い評価が必要。特に今回は走り頃の叩き3走目で注視。
トンイは大外枠になるが前走勝ち馬との再戦でも大きな力量差はない、アウトスタンドは太目に映るが動き良好で久々でも注意。


買い目
⑦ー⑩⑪⑫⑭⑮
⑪ー⑦⑩⑫⑭⑮


大井10R ジュピター賞 B3(一)

ダ1,600m(内)(14頭) 発走時刻 19:30

【上位拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ③
好位 ①⑧⑫⑭
中団 ②④⑤⑦⑨⑩⑪⑬
後方 ⑥
ジュンユウコー
カヴァレリア


私の見解赤字は私の推奨馬)
初の古馬相手になるが、持ち時計比較では一切ヒケを取らないイチマンボルト。外枠でも連対を確保するなど走りに幅があり、森騎手が騎乗となればまず好勝負。
対して最内枠を引き当てた①ジュンユウコーの前走は、前々で相手を捌ききって押し切りと着順以上に強い内容。相手は上がるものの、前走だけ走れれば肉薄する。
バックストッパーは枠不向きでも崩れないことを証明済、前走は二走ボケで凡走したが⑧カヴァレリアに調子落ちは窺えず改めて。


買い目
①ー②③⑦⑧⑭
⑭ー①②③⑦⑧


大井11R 東京ダービー(SI)(ニューイヤーズデイ賞)

ダ2,000m(外)(16頭) 発走時刻 20:10

【混戦模様】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑨⑫
好位 ①⑥⑧⑮
中団 ③④⑤⑦⑩⑪⑬⑭
後方 ②
アランバローズ


私の見解赤字は私の推奨馬)
トランセンデンスは毎回力を出し切る走りが魅力で、羽田杯ではそれを遺憾なく発揮して重賞制覇。距離適性に不透明な部分はあるものの勢いを重視。
2歳優駿の勝ち馬⑨アランバローズは行きたがる面をどこまで抑えられるかがポイントになるが、強力な同型不在で最後まで抵抗できる。
気性に課題はあるものの、得意の大井長距離戦ならギガキングが直線で脚を伸ばしてくる、チサットは羽田杯後に丹念に調整を行っており笹川騎手とのコンビで圏内争い。


買い目
※-※※※※※
↓買い目はこちらで確認できます↓
人気ブログランキング


大井12R 夏木立賞 B2(三)

ダ1,400m(外)(15頭) 発走時刻 20:50

【上位拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑪⑫
好位 ⑥⑦⑬
中団 ①②③④⑤⑧⑨⑩⑭
後方 ⑮
クアロア


私の見解赤字は私の推奨馬)
自己条件で適距離に戻るうえに、枠にも恵まれたラムセスバローズの巻き返し。距離が少々長かった前走でもそこそこやれており、外厩調整で仕上げとなれば首位争い。
シビアな展開に揉まれて意欲を失った⑫クアロアの前走は参考外。連闘策を取った今回は2走前の内容が見直せることもあり見限りは早計。
メジャーハリケーンもデキ落ちはなく転入緒戦と同条件に戻り改めて、クラス慣れが必要だが嵌れば一発が期待できるエイノスケにも注視。


買い目
※-※※※※※
↓買い目はこちらで確認できます↓
最強競馬ブログランキング

a:4344 t:3 y:4